2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

airu on twitter

- INFOMATION -

  • □ゲストブック・「いっしょにあるく。」

    当ブログのゲストブックです。ご意見・ご感想・ご自分の病気のこと等、ひとこと残してくださいね。そして、病気と向き合って頑張っているひとは自分だけじゃないよって思ってくださいね。

  • □管理人 on twitter

    Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    メッセンジャーに代わり、twitterを導入することにしました。

    私のわかる範囲内でならば、質問・相談等にお答えすることが出来ます。
    が、医療関連・医師の判断が必要な事等にはお答えすることは出来ませんので、あらかじめご了承ください。

    Twitterについてはこちらを、使い方についてはこちらをご覧下さい。
    お気軽にフォローしてくださいね♪

    ※管理人宛メッセージの送り方:
    先に上記の管理人アカウントをフォローして下さい。後日、私がフォローを返した後(相互フォロー状態)に、「D」を使うダイレクトメッセージを使用してメッセージを送って下さい。
    できるだけ「@」を使う返信はご使用になりませんよう、お願いいたします(ブログ上のガジェットに内容が表示されてしまうため)。



  • □管理人へメール

    メールは、コメントでは書きにくいことがある場合や、直接管理人にメールしたい時、お気軽にご利用ください!

    ※ブログやコメント、ゲストブックに関するきまりごとが、トップ記事・「Message」内にあります。一度ご一読くださいます様お願いいたします。
    お気軽にコメントやゲストブックに書き込みいただけると嬉しいです^^


    ※病気だけど、負けずに頑張っている方のサイトやブログ等のリンクは随時募集中です。一緒に頑張りましょう!

    ※当ブログはリンクフリーです。リンクのURLは、http://im-standing.cocolog-nifty.com/ でお願いします。相互リンク大歓迎です^^
    ただし相互リンクは、増殖症や体がん関連の個人サイト・ブログに限ります。
    リンク集サイト等の相互リンクは、申し訳ありませんが受け付けておりません。相互リンクのご希望で当ブログURLをリンク集サイトへ掲載した場合は、削除していただきますようお願いいたします。

アンケート実施中です!

  • もしよろしければ、このアンケートにご協力をお願いいたします! このアンケート設置については、こちらの記事をご覧下さい。

カテゴリー

« ホルモン剤服用、3日経過 | トップページ | 弾力ストッキング »

結婚と病気

※これから書くことは、個人的な想いで書くもので、
  既婚者の方に対する悪意などは決してありません。

先日、私宛に、ピンク色の大きい封筒が送られてきた。
中身を見たら、「結婚相談所」からの案内パンフレットが。

ああ、母の例のクセか…そう思った。

うちの母は、セールスなどの電話を相手にする時に、
ちょっと困った対応をする。
相手と話すのが面倒くさいから、
「案内書あったら送ってください、後で見ますから」
といって、電話を切るのがほとんどなのだ。。

今回も間違いなくそのパターンで送られてきたものだろう。

結婚相談所には興味はなかったけれど、
ぱらぱらとパンフレットをめくってみたら、参加資格にこうあった。

20歳以上の健康な独身女性の方なら、どなたでも参加できます

ああ、私、最初からアウトじゃん。


今日、その結婚相談所から電話がかかってきた。
パンフレットを見ていかがでしたか? と訊かれた私は、

「ああ、私、参加資格ないんで。健康じゃありませんから。
  私の個人情報をどこから仕入れたのか知りませんが、
 登録抹消していただけますか? もう電話もしないで下さい。」

と、答えた。
相手の女性は慌てて謝り、そそくさと電話を切った。


”健康じゃありませんから”

健康じゃないと結婚もできないのかなぁ…と思った。


結婚してから病気が判るのも、とてもとても辛いと思う。

でも、結婚してないうちに病気が判ったら、
すくなくとも私に限っては…もう恋もできないかな、とも思うの。

だって、何て言えばいい?
私は子宮体がんで、もしかしたら子どもは産めないかも?
なんて言えないよ。
世の中には子どもは要らないってひとも居るかも知れない。
でも、大概の人は、自分の子どもが欲しいだろうし、
親御さんの立場で言えば、孫は欲しいはずでしょ。

最初からものすごい高いハードルが目の前にあるなんて…
飛ぼうとしないうちから諦めるのは良くないって解ってるけど、
今の状態じゃ、飛ぼうという気力さえ湧かない。。

もう一つ。
私は、相手の御両親に猛反対されて、
結婚を諦めたという過去がある。理由は、外見が醜いから。
そんな過去があると、ハードルはもっともっと高くなる。

正直、既婚者の方は、支えてくれる人が居ていいな、と、
うらやましく思うこともある。
入院の時の同室の方は、既婚者ばかりだった。
旦那さんが毎日お見舞いに来てた。

私には、それはない。母だけだ。
(それでも十分ありがたいと思ってるけどね)

病気になる前から思っていたこと。
私はこのまま、ずっとひとりで生きていくんだなぁって。
病気になって、ますます、そう強く思うようになった。

さみしいけど、しょうがない。

« ホルモン剤服用、3日経過 | トップページ | 弾力ストッキング »

09-がん患者のきもち」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私は、43才のシングルで結婚経験もなく子供もいません。

あいるさんよりかなり年上ですが、とても共感しました。これ程までに私と同じ思いの方がいらしたなんて本当に驚きです。
20代のころ、反対され結局結婚できませんでした。何の障害も問題もないのに、『売女!パンパン!』と実の母に罵られたのです。それ以来、どうしても前向きになれず、ここまできてしまいました。
最近、やっと何故反対したのかと母に尋ねたところ、「理由はなかった」とのことでした。きっと自分の宝を奪われるような気がして、取り乱してしまったのでしょう。
だから、お相手のご両親の「外見が・・・」と言うのは単なる言いがかりです。間違いないです。もっと自信を持ってください。
ちなみに、私は傷付きずっと苦しんできたのに、母は私を罵った言葉すら覚えていませんでした。

1年前、私も婦人科の手術を受けました。詳しくは、またの機会に。
そして入院中、やはり同じことを考えました。私には泣ける胸はない、ずっとひとりなのか、と。

長くなりましたが、あいるさんのお体の経過がずっと順調で素敵なお相手とめぐり会えますように。

藍琉さんこんばんは。
私も同じ気持ちを持っています。そして同じことを感じてました。

たとえ結婚する話がでたとしても、まず病気のことを相手に打ち明けて理解してもらえるだろうかとか、そのハードルを越えても今度は親御さんという壁がある。
病気をかかえて子供も産めないであろう状態の私を受け入れてくれる人なんているのだろうか・・・と。

あと、入院していたとき病院が家からかなり遠い事もあって一人で毎日生活していると、まわりの人が羨ましかったです。

一生ひとりなのかなとか、病気がちで子供もいなくて親も死んでしまったら私は孤独に病気と闘うことになるのかな・・・なんてことまで考えます。

さみしいしつらいのもすごくわかります。
でもなかなか難しい問題だけど、こんな私でもちゃんと理解してくれて受け止めてくれる人がいたらいいなと前向きに考えるようにしようって思いました(^v^)

そしてまずはお互い良くなっていくといいですね!治療頑張りましょうね♪

>>ころりんさま

はじめまして。コメントありがとうございます^^

ころりんさんは、お母様に言われた一言にとても傷ついたのに、
言ったお母様の方は、その言葉すら覚えていらっしゃらなかった、
とのことですね。。

とてもつらい経験をされたんですね。
それなのに、そのつらいことをここに書いてくださって、
ありがとうございます。

きっと、言った方は些細なことだと思っているのでしょうね。
でもその些細なことは、言われた方にしてみたら、
全然些細なことじゃないって、良くあることですね…。
とても悲しく思います。

確かに、ころりんさんのおっしゃるとおり、
相手のご両親が言ったことは、言いがかりなのかも知れませんね。
当時、人間扱いすらしてもらえなかったので、
かなりショックを受けました。
今は少しずつ自分に自信が持てるように、努力しているつもりです。
(なかなかうまくいかないですけど(苦笑))。

お気遣いいただき、ありがとうございます。
ころりんさんも、お母様との間にあったつらい出来事を、
これから少しずつ乗り越えてられてゆかれること、
お祈りしています。

>>ミミさま

ミミさん、コメントありがとうございます^^

ミミさんも、私と同じような気持ちをお持ちなんですね。
でも、最後の方は、やはり前向きなミミさんだけあって、
とても素敵なコメントでした。

諦めてないって、すごいですね。^^

私も正直、今は恋愛より、
この病気を何とかしなくちゃいけないと思う方が強いのです。
今は他へは力を割けない~って感じです(笑)。

でもやはり孤独なのはどうしても拭えなくて、
(独り身という意味での孤独です)
何かあると、こういう風に、ばーっと噴き出してきますね。

病気のことを友だちにすら言えないのに、
それ以上の人に対してなんて、絶対無理だろう;、
って思うんですよね。

自分を守って逃げてるってことは、
十分解っているんですけどね(苦笑)。

まずは、やっつけなくちゃいけないことがありますから、
そちらを全力で頑張るしかないですね^^

この記事へのコメントは終了しました。

« ホルモン剤服用、3日経過 | トップページ | 弾力ストッキング »

がん・検診などの情報

  • □国立がん研究センター
    がんの情報は、「がん対策情報センター」の項目の中の「がん情報サービス」の「一般の方へ」というところをクリックすると見ることができます。子宮がんについても情報があります。リンパ郭清後に起こることがある後遺症の一つ「リンパ浮腫」についてのページもあります。
  • □子宮がん検診のすすめ
    国立がんセンターHP内にある、子宮がん検診について詳しく載っているページです。女性の皆さん、子宮がんには2種類あります。頚がんに加え、体がん検査も受けましょう!
  • □がん・ガン・癌スーパーリンク
    いろんながんについてのサイトやブログがリンクされているサイトです。

応援ありがとうございます^^

  • 参加中のブログランキングです。クリックで応援よろしくお願いします^^

    人気ブログランキングへ
    FC2ブログランキング

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
    にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
    にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

    ☆ブログ村の体がんトラコミュです!
    ブログ村へ参加している体がん患者ブロガーさん、是非トラックバックしてみてくださいね!
    にほんブログ村 トラコミュ 子宮体がんを広めたい!へ
    子宮体がんを広めたい!

今を生きる、皆様へ。

RING -つながろう-

  • □うさぎの本宅
    管理者(ぴょんぴょん様)ご自身の体験から生まれた、子宮がんについてのHP。同じ病気と向き合う方々の集いの場や、情報発信元として、とても重要な場所になっています。
  • □子宮体癌パブリックスクエア
    子宮体癌、子宮肉腫、子宮内膜増殖症の治療・体験記録のあるホームページやブログのリンク集です。うさぎの本宅管理人・ぴょんぴょん様が主宰されています。
  • □週刊ぴょんぴょん
    “キャンサー・サバイバー”の大先輩! ぴょんぴょんさんの日常を綴ったブログです。にゃんこの「なちゃん」と「もーちゃん」にも和みますよ♪(体がん)
  • □20代で子宮体癌に立ち向かうミミのブログ
    キャンサー・サバイバーのお仲間であり、色々な苦難(HNPCC)を乗り越えて頑張っている“ミミさん”のブログです!(体がん)
  • □前向きにいこう(*^ー^)ノ
    キャンサー・サバイバーのお仲間、睦月さんの"前向き"なブログです。 いろんなことに頑張っておられます♪(体がん)
  • □うさちょんさんのブログ
    病気が判ってからすぐに「この病気を知って欲しい」という想いで立ち上がってくれた“うさちょんさん”の日常を綴るブログ。一生懸命、病気と、自分と、向き合っておられます。(体がん)
無料ブログはココログ