2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

airu on twitter

- INFOMATION -

  • □ゲストブック・「いっしょにあるく。」

    当ブログのゲストブックです。ご意見・ご感想・ご自分の病気のこと等、ひとこと残してくださいね。そして、病気と向き合って頑張っているひとは自分だけじゃないよって思ってくださいね。

  • □管理人 on twitter

    Twitterボタン
    Twitterブログパーツ

    メッセンジャーに代わり、twitterを導入することにしました。

    私のわかる範囲内でならば、質問・相談等にお答えすることが出来ます。
    が、医療関連・医師の判断が必要な事等にはお答えすることは出来ませんので、あらかじめご了承ください。

    Twitterについてはこちらを、使い方についてはこちらをご覧下さい。
    お気軽にフォローしてくださいね♪

    ※管理人宛メッセージの送り方:
    先に上記の管理人アカウントをフォローして下さい。後日、私がフォローを返した後(相互フォロー状態)に、「D」を使うダイレクトメッセージを使用してメッセージを送って下さい。
    できるだけ「@」を使う返信はご使用になりませんよう、お願いいたします(ブログ上のガジェットに内容が表示されてしまうため)。



  • □管理人へメール

    メールは、コメントでは書きにくいことがある場合や、直接管理人にメールしたい時、お気軽にご利用ください!

    ※ブログやコメント、ゲストブックに関するきまりごとが、トップ記事・「Message」内にあります。一度ご一読くださいます様お願いいたします。
    お気軽にコメントやゲストブックに書き込みいただけると嬉しいです^^


    ※病気だけど、負けずに頑張っている方のサイトやブログ等のリンクは随時募集中です。一緒に頑張りましょう!

    ※当ブログはリンクフリーです。リンクのURLは、http://im-standing.cocolog-nifty.com/ でお願いします。相互リンク大歓迎です^^
    ただし相互リンクは、増殖症や体がん関連の個人サイト・ブログに限ります。
    リンク集サイト等の相互リンクは、申し訳ありませんが受け付けておりません。相互リンクのご希望で当ブログURLをリンク集サイトへ掲載した場合は、削除していただきますようお願いいたします。

アンケート実施中です!

  • もしよろしければ、このアンケートにご協力をお願いいたします! このアンケート設置については、こちらの記事をご覧下さい。

カテゴリー

« Yell | トップページ | 術後16回目外来 »

「子宮がん」一括表記をやめて! 日本産婦人科学会、厚生省に要請。

6月12日、日本産婦人科学会が、厚生労働省に「子宮がん」という表記を使わないよう要請したというニュースが、マスコミ各界に取り上げられました。

このブログのトップ記事「Message」にも書いていますが、「子宮がん」には、私が患った「子宮体がん」と、もうひとつ「子宮頸がん」の2つがあります。

頸がんに関しては、子宮の入り口にがんが出来ること、原因もヒトパピロマウィルスの感染によるものと判明しており、早期にワクチンを接種すれば予防する事も可能ながんです。
しかし、体がんは、主にホルモン異常によって厚みが増した子宮内膜ががん化するものであり(体部にできるがん)、頸がんとは発生も進行も違うものです。

一般的に「子宮がん」と言うと、ほとんどの方は「頸がん」の事をまず思い浮かべると思います。それ程、「体がん」の認知度は低いのが現状です。
更に、一昔前は閉経後の女性がなる病気とされていましたが、近年は「体がん」に若くしてなる女性も急増していて、そのことはここのブログに設置している「体がん年齢アンケート」の結果を見ても明らかで、20代~30代、40代…とても「体がん」になる女性は増えています。

私も、この日本産婦人科学会の提案には大賛成です。
「子宮がん」と一括りにされてきたことも、「体がん」の認知度が低すぎる一因になっていると思うし、若年性体がんになる女性も増えている今、きちんと2つの子宮がんをわけて呼称する・表記することで、「頸がん」と「体がん」、ふたつのがんがあることをもっと世の中の女性の皆さんに知ってもらいたいのです。
ふたつのがんがあると知れば、それぞれに検診の必要があることもわかるし、頸がんに至っては、唯一「予防が出来るがん」です。
日本では導入が遅れていた頸がん予防ワクチンもようやく認可され、接種が開始されています。そのための費用を助成する自治体も徐々に増えています。

頸がんにせよ、体がんにせよ、まずは検診を受けに行く女性がもっともっと増えなければ、予防も対策も何にも出来ません。
政府が発行してくれた「無料クーポン」も活用して、もっともっと検診に行く女性が増えてくれたらと切に願います。
特に、早期発見が出来ない場合、それに加えて体がんになった場合は…私のように、もう子どもを自分で産むことは出来なくなってしまう事も少なくありません。
今、自分がここにいるのは、ずっとずっと何代も何代も昔から続く家の歴史があるからです。
でも、子宮も卵巣もなくなったら、その歴史を続けることが出来ません。
私の家も、私ではもう子孫を残せません。
愛する人の子どもを産めません。
少子高齢化社会にも大きな影響が出ます。

大袈裟な話ではありません。それが、私たち「体がん」で手術をした女性みんなが背負っている現実です。
そんな風になって欲しくないんです、今、健康で元気に生きているほとんどの女性の皆さんには。。。

「子宮がん」表記をなくし、「頸がん」「体がん」とわけることは、がんを知ってもらう第一歩だと思います。
政治を行う政治家の皆さん、厚労省の皆さん、私からもお願いします、是非、「子宮がん」表記を使わないようにと定めてください!

関連リンク(後日リンク切れになる事もあります)
「子宮がん」使わないで…日本産婦人科学会(YomiDr.)
子宮がん:一括表記やめて 実態把握へ「頸」と「体」区別 日本産婦人科学会が要請へ(毎日.jp)
「子宮がん」総称やめて 日本産婦人科学会が国に要望書(日本経済新聞)
「子宮がん」使わないで、産婦科学会が要請決定(yomiuri online)

« Yell | トップページ | 術後16回目外来 »

16-ひとりごと・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

藍琉さん、大変ご無沙汰しています(汗)
私もこの提案に大賛成している一人です。
この事をきっかけに、もっと体癌のこと、頸癌のことを理解してもらいたいです。
本当に大袈裟な話ではないんですよね。体癌で手術をした女性が背負って行く現実は。
特に近年、若年性体癌患者の数も増えてきています。
私たちと同世代の女性たちにも、理解が広まる時が早くきますように…(*´ω`人)

こんにちは、藍琉さん

私も賛成です。
病気になってから、「がん」に関してのTVやらに特に目が行くようになりましたが、まだまだ婦人科系の「がん」にかんして、特に、「子宮体がん」に関しての特集はとても少なく感じます。
婦人科系のがんというと、やはり子宮頸がんが一般的になってしまっていると思います。2つをきちんと分けて認識することで、大雑把に「子宮がん」という分類から脱皮して、それぞれ別々の「がん」としての認識が高まってくれればいいなと思います。
そうすれば、TVなででももっと「子宮体がん」に関しての特集などもくまれるようになって、もっと多くの人たちに正しい知識と認識という種がまかれて広まってくれればと思います。

私も自分が子宮体がんになったときに、インターネットで情報をみたとき、またその情報を周囲の人に伝えるときに、子宮体がんといってもあまりピンときてない顔をされたことをよく覚えています。

すぐに変わるとは思えませんが、地道な活動とまずは、一歩進んだだけでも嬉しいものですね。
でも、できるだけ早い時期に、正しい使い分けがされて、多くの情報が多くの人々に届くことを願っています。

※お返事が大変遅くなって申し訳ありません!!

>>パンダさま改め、睦月さま

こんにちは。こちらこそ、大変ご無沙汰しております。m(_ _)m
コメントいただいてどうもありがとうございます。^^

本当に、表記はわけて欲しいですね…。
かといって、頚がんばかりクローズアップされて、体がんが忘れ去られるのが今よりもっと酷くなってしまうのも怖いのですけどね(苦笑。
だって、頚がんと体がんでは、治療も手術もその後の生き方にも、色々違いすぎる部分もたくさんありますから…。

睦月さんも、体がんの経過は順調にいっているようで、本当に良かったですね。
共に丸3年迎えますね。4年目も変わらず頑張っていきましょう!
そして、情報発信し続けていきましょうね!
これからもよろしくお願いいたします。m(_ _)m


>>ぷよさま

ぷよさん、こんにちは。ご無沙汰しています。m(_ _)m
コメントいただいて、どうもありがとうございました。^^

名前をキッチリ分けて、それぞれをきちんと情報発信するようになれば、今よりももっと「体がん」もメジャーになってくれるのではないかなぁ…と、私も切に願っています。
ぷよさんと同じく、私も「体がん」のこと、増殖症になるまで全然知りませんでしたし、情報も殆ど皆無でしたからね。。

「増殖症」や「体がん」の事をもっと普通に知識として認識するような社会に、一日も早くなって欲しいです。。

この記事へのコメントは終了しました。

« Yell | トップページ | 術後16回目外来 »

がん・検診などの情報

  • □国立がん研究センター
    がんの情報は、「がん対策情報センター」の項目の中の「がん情報サービス」の「一般の方へ」というところをクリックすると見ることができます。子宮がんについても情報があります。リンパ郭清後に起こることがある後遺症の一つ「リンパ浮腫」についてのページもあります。
  • □子宮がん検診のすすめ
    国立がんセンターHP内にある、子宮がん検診について詳しく載っているページです。女性の皆さん、子宮がんには2種類あります。頚がんに加え、体がん検査も受けましょう!
  • □がん・ガン・癌スーパーリンク
    いろんながんについてのサイトやブログがリンクされているサイトです。

応援ありがとうございます^^

  • 参加中のブログランキングです。クリックで応援よろしくお願いします^^

    人気ブログランキングへ
    FC2ブログランキング

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
    にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
    にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ

    ☆ブログ村の体がんトラコミュです!
    ブログ村へ参加している体がん患者ブロガーさん、是非トラックバックしてみてくださいね!
    にほんブログ村 トラコミュ 子宮体がんを広めたい!へ
    子宮体がんを広めたい!

今を生きる、皆様へ。

RING -つながろう-

  • □うさぎの本宅
    管理者(ぴょんぴょん様)ご自身の体験から生まれた、子宮がんについてのHP。同じ病気と向き合う方々の集いの場や、情報発信元として、とても重要な場所になっています。
  • □子宮体癌パブリックスクエア
    子宮体癌、子宮肉腫、子宮内膜増殖症の治療・体験記録のあるホームページやブログのリンク集です。うさぎの本宅管理人・ぴょんぴょん様が主宰されています。
  • □週刊ぴょんぴょん
    “キャンサー・サバイバー”の大先輩! ぴょんぴょんさんの日常を綴ったブログです。にゃんこの「なちゃん」と「もーちゃん」にも和みますよ♪(体がん)
  • □20代で子宮体癌に立ち向かうミミのブログ
    キャンサー・サバイバーのお仲間であり、色々な苦難(HNPCC)を乗り越えて頑張っている“ミミさん”のブログです!(体がん)
  • □前向きにいこう(*^ー^)ノ
    キャンサー・サバイバーのお仲間、睦月さんの"前向き"なブログです。 いろんなことに頑張っておられます♪(体がん)
  • □うさちょんさんのブログ
    病気が判ってからすぐに「この病気を知って欲しい」という想いで立ち上がってくれた“うさちょんさん”の日常を綴るブログ。一生懸命、病気と、自分と、向き合っておられます。(体がん)
無料ブログはココログ